チャリティ短編集がアメリカで発売中です

注目

アメリカで発売になりました『Tomo』という震災チャリティ・アンソロジーに、短編が収録されています。

以下、公式サイトの説明より引用です。

2011年の東北大震災からちょうど1年が経つ日に合わせて出版されるこの短編集は、世界のティーン・エイジャーに日本をより身近に感じてもらうとともに、長期にわたって東北の救済活動に寄与することを目的として企画されたものです。

『Tomo』は、日本を舞台にした、ないし日本にゆかりのある、ヤングアダルト(12歳以上)向けの短編文学で、散文形式、詩形式、劇画形式による36作品を収録しています。その内10作品(物故作家の4作品を含む)は日本語の原作を英訳したもの、26作品が日本に縁を有する世界中の作家から寄稿されたものです。読者は、友情物語、ミステリー、ファンタジー、SF、歴史物語など、それぞれ個性的なストーリーを通じて、日本と触れ合うことができるでしょう。

『Tomo』の「小説で結ばれる心」が広がってゆけば、世界の読者に日本がより親しみやすくなりますし、またそれによって、2011年3月11日の地震と津波で被災した、あるいは故郷を離れなければならなくなった若者たちを支援することができます。本書の販売収益は、この震災で最も被害を受けた東北地方の若者たちのために直接役立てられます。

こちらが、公式サイトになります。
http://tomoanthology.blogspot.com/

日本でも、amazon.co.jpから購入可能なようです。
http://www.amazon.co.jp/Tomo-Friendship-Through-Fiction-Anthology/dp/1611720060

新刊出ました!

『ねこまた妖怪伝 いのちをかけた約束にゃ!』 (角川つばさ文庫)が発売中です。

http://www.amazon.co.jp/dp/4046315040

『PHPのびのび子育て』では、引き続き、エッセイ「思い出レシピ」を連載中です。
2016年2月号には、第13回「ホワイトデーの手作りクッキー」が載っています。

『みんなの怪盗ルパン』というアンソロジーが、ポプラ社より2016年3月9日発売予定になっております。

新刊出ました

『老子収集狂事件 見習い編集者・真島のよろず探偵簿』が発売中です。

解説は法月綸太郎さんです。
素晴らしい文章で、もう大感激でした!

http://www.amazon.co.jp/dp/4591147312

『野生時代』で連載していた「ふたりの文化祭」は、無事に最終回を迎えました。
単行本は、来年2016年の春ごろ発売予定です。

『PHPのびのび子育て』では、引き続き、エッセイ「思い出レシピ」を連載中です。
2016年1月号には、第12回「金時にんじんのきんぴら 」が載っています。

新刊出ました

『猫入りチョコレート事件 見習い編集者・真島のよろず探偵簿』が発売中です!
気軽に読めるユーモアミステリとなっております。

http://www.amazon.co.jp/dp/4591145980

『PHPのびのび子育て』でも引き続き、エッセイ「思い出レシピ」を連載中です。
2015年8月号には、第7回「鰤のムニエルのタルタルソース添え」が載っています。

新連載のお知らせ

『asta*』2015年5月号から「見習い編集者・真島のよろず探偵簿」というシリーズ始まりました。
第一話「店でいちばん可愛い猫」という短編が掲載されています。
http://www.webasta.jp/asta/

『PHPのびのび子育て』でも「思い出レシピ」というエッセイを連載中です。
2015年5月号には、第4回「羊の国のラムチョップ」が載っています。
https://www.php.co.jp/magazine/phpex/