「つるのおんがえし」の別名

いま、息子のなかで熱いのは「つるのおんがえし」である。

「ももたろう」や「さるかに合戦」も読んであげるのだが、断然「つるのおんがえし」がお気に入りのようだ。前ふたつは意外とストーリーが複雑だし、キャラクターも多くて、二歳児にはまだ把握しきれないのかもしれない。

で、絵本を読んできて、息子は言う。

「はね、よんで」

たしかに、つるが自分の羽根をひとつひとつ反物に織り込んでいたという、あのシーンはショッキングだ。きみのボキャブラリーに「つる」はないけれど「はね」はあるもんね。

という感じで、通称「はね」だった「つるのおんがえし」であるが、また呼び名が変わった。

にこにこしながら、絵本を持って、息子は言う。

「みちゃった! よんで」

うん、見ちゃうもんね。
思いきり、ネタバレのタイトルだ……。