連載WEB小説『ぼくの嘘』が更新されています

講談社「YA! ENTERTAINMENT」のサイトにて連載中の『ぼくの嘘』第十七話がupされています。

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/books/ya-enter/novels/#uso

私自身がYAといわれる年齢だった頃、本好きの女の子には「山田詠美派」と「吉本ばなな派」があったように思う。
で、私は両者とも愛読していたのだけれど、どちらかというと、山田詠美氏の言葉の使い方が好きだった。
思春期には、ちょっと悪っぽいものに惹かれるというか、山田詠美氏の文学的な素地を感じさせる硬派な文体のなかに卑俗なスラングが混ざっているのが、たまらなくcoolに思えたのだ。

そんなわけで、笹川くんは「ネットスラングを多用する痛いキャラ」になりました。

スラングというのは、うまく使うと効果的である反面、劣化しやすい言葉でもあり、諸刃の剣なのですが、WEB連載なことだし、あえて挑戦してみました。

前々から「常識的に考えて」という言いまわしは入れたいと思いつつ、意外と使いどころが難しかったのですが、ついに書けたのが今回の読みどころのひとつです。

連載も残すところ、あと七話となりましたが、つづきをお楽しみに!