なんでなんで攻撃

最近の息子の口癖は「なんで?」である。
いろんなことに対して、その理由をたずねてくる。

「なんで、ねるの?」
「夜だから」
「なんで、よるだと、ねるの?」
「夜は暗くて、なんにも見えないから、寝るしかないもの」
「なんで?」

「なんで、ごはん、たべるの?」
「おなかがすいたから」
「なんで、おなかすいたら、たべるの?」
「食べなかったら、もっと、おなかすいちゃうもん」
「なんで?」

あらゆることに対して、質問責めにされる。
こっちが当たり前に思っていることも、改めて問われると、答えにつまったりする。

「なんで、ほいくえん、いくの?」
「かあちゃんがお仕事しているから、ととくんは保育園行くんだよ」
「なんで、かあちゃん、おしごとするの?」
「したいから、お仕事するんだよ」
「なんで、おしごと、したいの?」
「お仕事、楽しいからだよ」
「なんで、おしごと、たのしいの?」
「お仕事が好きだからかなあ」
「なんで、おしごと、すきなの?」

こんな調子で、こちらの人生にあり方について考えせられるような質問をされたりするのも、心を揺さぶられて、地味にボディーブローとして効いてくる。
で、こちらに余裕がないときに、しつこく何度も何度も訊かれたりすると、つい、苛ついてしまう。

「あー、もう、うるさい! そんなん知らんよ! なんでなんでばっかり言わないで!」

こういう態度は、優しくないなあ、と反省している。

たぶん、息子が「なんで?」を連発するのも愛情欲求のあらわれで、理由や説明を求めているというよりも、コミュニケーションというか、会話の練習みたいなものだろう。
私が仕事に気を取られて、考え事をしていると、息子は「なんでなんで攻撃」によって、構ってもらおうとするのだ。
まともに取り合わずに「うーん、なんでやろうねえ」という感じで、うまくかわせばいいのかもしれない。しかし、根が真面目なので、できるだけ誠実に答えようとして、自縄自縛に陥る。

あと、仕事で、めいっぱい想像力を使っているから、ちょっと脳を休ませてくれ……というのも正直なところだ。
余力があれば「にんじんが赤いわけ」とか「ぞうの鼻はなぜ長いのか」みたいな感じで、おもしろい空想話のひとつでも語ってやれるのだが、そこまでのエネルギーが残っていない……。

子供とちゃんと向き合って、優しくできるかどうかというのは、自分の疲れ具合が如実に出てしまうものだ。
仕事は絶対に手を抜きたくないし、子育てもいましかできないし、ワークライフバランスが難しいなあと痛感する日々である。
とりあえず、原稿は完成しなかったけれど、今月はよくがんばったので、なにか、おいしものでも食べよう。