タイフェスティバル2012大阪

某日、大阪城公園で行われたタイフェスに、友人らと息子を連れて行ってきた。
タイ王国の美味しいものが集まり、会場にずらりとならんだ屋台を見た瞬間、テンションがあがりまくる。

実は、新婚旅行の行き先がバンコク・アユタヤだったというくらい、彼の地は大好きなのである。

タイ料理というと辛いモノが多いので子連れはどうかとも思ったのだが、そこは同行してくれたタイ博士(タイフェス参加は七回目)に、おすすめ料理をきいて、二歳児でも食べることができるものをチョイスしてもらった。

カオマンガイというタイ風蒸し鶏飯は、全然、辛くなかった。
息子的には、串にささった魚肉団子がヒットしたようで、ばくばく食べていた。
あと、パッタイという焼きそばも、ほどよい甘辛さで、気に入ったようだ。

まあ、あんまり辛くなさそうな肉をあげたら、ものっすごい涙目になって、むせていて、ラー油みたいな味だったりしたので、ごめん、息子よ……ということもあったのだが。

タイ料理は、屋外で食べるのが似合う。
ムエタイをながめながら、真っ昼間からビールがうまい。

それから、デザート類も、いっぱいあって楽しかった!

カノムクロックという、ココナッツミルクと米粉の甘い生地を焼いたお菓子があるのだが、どう見ても、たこ焼きである。
味はほんのり甘いのに、なぜか、中身がねぎとか胡麻というのも、微妙な味わいで、クセになる。デザートとして考えた場合、この生地の中身には、甘い小豆とかレーズンが合うと思うのだが……。

緑色のスライムみたいなぷるんぷるんした謎なデザートとか、ココナッツアイスのトッピングがコーンとか、独特のセンスがたまらん。

そんな満足満腹のタイフェスであったのだが、息子にとって、もっとも印象深かったのは「鬼がいた」ことだったようだ。

会場のなかを民族衣装を身につけ、仮面をかぶったひとが、うろついていたのである。

それを目撃した瞬間、息子は固まっていた……。

「おにだ……。おにが、いる……」

もちろん、私はうなずいた。

「うん。鬼だね。鬼がいるよ」

そして、その仮面のひとにお客さんが近づいていくのを、遠目にながめながら、こんなことを言う。

「あっ、子供が……! 子供が鬼に、近づいたよ。やばい。食べられちゃう。逃げて~。……ああ、助かった。よかったねえ」

実際には、おそらく、仮面のひととお客さんのあいだでは「写真撮っていいですか?」「どうぞ~」「ありがとうございました~」というやりとりが行われていたのだと思われるが。

そんな感じで、タイフェスで、鬼(らしきもの)を見たという経験は、息子の心に強く刻み込まれたらしい。

家に帰ってからも、ふとした瞬間、なんの脈絡もなく、唐突に、言う。

「まえ、おそとで、ごはんたべたとき、おに、いたねえ」

特におびえているというわけでもなく、ただ、事実を確認しておくというように、つぶやくのだ。

息子の世界観では、鬼が実在している。

子供は七歳くらいまで、ファンタジーの世界の住人らしい。
この豊かな世界をまだしばらくは守ってあげたいなあと思い、日々、ほらを吹く母である。