ジャンケンバトル

最近、息子のブームは『ジャンケン』である。

「おかあさーん、グーに、かつのは、なに?」
「パーだよ」
「そんじゃ、ぼく、パーだすから、おかあさん、グーだしてね」

そんな接待ジャンケンをしてあげるほど、私は甘くはない。

「だって、ととくん、パー出すんでしょ? お母さんがグー出したら負けるじゃん。いやだよ、お母さんはグー、出さないよ」
「じゃあ、なに、だすの?」
「それは言えない。教えたら、負けちゃうでしょ」
「ええー、グーだしてよ、おねがい」
「うーん、どうしよっかなあ……」

「さいしょは、グー! じゃーんけーん」
「ぽいっ!」

息子、パー。
私、チョキ。

おとなげなく、勝ちにいく私。

「なんでー? おかあさんは、グーっていったのにー」
「でも、ととくんは、パー出すんでしょ? それで、グー出したら負けるから、お母さんはチョキを出したんだよ」

「……わかった。そんじゃ、もういっかいね」

「さいしょは、グー! じゃーんけーん」
「ぽいっ!」

息子、グー。
私、パー。

「なーんーでー? なんで、こんどは、チョキじゃないのー?」

しかし、久しぶりに、ジャンケンという行為をしたよ。
大人になると、あまり本気でジャンケンをする機会ってないよね……。